アイランド名古屋院

名古屋、愛知で薄毛治療は自毛植毛のアイランドタワークリニック名古屋

中野浩一さん×ギャオス内藤さん 対談

  • ホーム
  • 中野浩一さん×ギャオス内藤さん 対談
対談特集記事 中野浩一×ギャオス内藤 俺たちi-directで自毛植毛しました

アイランドタワークリニックでは累計症例数が20,037人(2013年4月時点)の安心と実績の自毛植毛専門クリニックです。その症例数に裏付けされている通り、国内シェアNo1でありアイランドタワークリニックの自毛植毛は他院では真似が出来ない技術や環境が整っております。 通常の自毛植毛は生え揃うまでに1年の年月が掛かります。アイランドタワークリニックでは、その生え揃うまでの経過も惜しみなく公開していきます。自信があるからこそ出来る、自毛植毛専門アイランドタワークリニックのコンテンツをお楽しみ下さい。

自毛植毛は約1年かけて自分の毛が生え揃います。今回のスペシャル対談インタビューは、植毛手術間もない2人が薄毛時代の悩みや植毛をする経緯などのエピソードが収録されています。またアイランドタワークリニック独自のi-directの手術の感想など、普段ホームページでは知る事が出来ない貴重な話なども収録しています。

薄毛の悩みが吹き飛んだ?!自毛植毛体験者が語る本音の対談

昭和61年、愛知県豊川高校からドラフト3位でヤクルトに入団。ロッテ、中日と投手を続け平成9年引退。ヤクルト時代には2年連続開幕投手をつとめるが、平成2年の開幕巨人戦で篠塚(現コーチ)から球史に残る”疑惑のホームラン”を被弾。平成5年、リーグ優勝のかかった対中日戦、延長15回を 奇跡の三者連続三振に打ち取ったのは記憶に新しい。ご存知『ギャオス』の愛称で親しまれている。今回は中野浩一さんの紹介で、自身で効果があまり得られなかった注射の薄毛治療を断ち切りアイランドタワークリニックで2000株を生え際と頭頂部に植毛を実施。 ◆通算成績36勝29敗26セーブ 黄金時代のヤクルト・スワローズで、2年連続の開幕投手を務める。 ◆ヤクルトスワローズ在籍時から「ギャオス」の愛称で親しまれ、キャラクターとリアクションの高さで人気を博す。

1975年久留米競輪デビュー、1977年世界選手権プロ・スクラッチ(現在のスプリント)に出場し、日本人として初めて優勝。その後、前人未到の10連覇の大記録を作り、総理大臣顕彰受章「世界のナカノ」「ミスター競輪」と呼ばれる。1992年引退後はスポーツコメンテーターや評論家としても活躍し、2006年4月に紫綬褒章を受章。 2005年にアイランドタワークリニックで自毛植毛を行い、髪がある生活を体験。今回は薄毛が進行してきた頭頂部にi-directを2000株ほど実施した。 ◆2006年春に競輪選手出身者では初の紫綬褒章受章。 世界選手権個人スプリント10連覇、特別競輪12勝(GP1勝、GI11勝)、賞金王6回(歴代最多)を達成している。