脱毛症診療ガイドラインの概要と植毛ならではの強みとは

根拠・効果が明確な植毛治療を選んで下さい。

自毛植毛が選ばれるのは、
医学的見地から効果が確かめられ、
推奨されている薄毛治療だからです。

科学的根拠が明らかでない育毛商品は多く溢れており、国民生活センターには、「定期購入した育毛剤でかゆみが出るのだが解約に応じてもらえない」「高額な育毛サロンと契約したが効果が出ない」といった苦情が寄せられています。こういった商品やサービスから身を守るためには、客観的な目を持った第三者機関の評価が参考になります。ここでは、「脱毛診療ガイドライン」について解説します。

脱毛症診療ガイドラインとは

日本皮膚科学会の策定した治療基準です。

科学的根拠に基づかない民間療法が横行することは、正しい治療法から人々を遠ざけることになります。そのため、日本皮膚科学会は、標準治療法を提示するという目的で「脱毛症診療ガイドライン」を策定しています。科学的根拠と臨床結果に基づき、治療法への推奨度を5段階に評価しています。

脱毛症診療ガイドライン 2017年度版
治療法 評価 使用について
フィナステリド内服
デュタステリド内服
A(男性型脱毛症) 行うよう強く勧められる
D(女性型脱毛症) 行うべきではない
ミノキシジル外用 A 行うよう強く勧められる
自毛植毛 B(男性型脱毛症) 行うよう勧められる
C1(女性型脱毛症) 行ってもよい
LED および 低出力レーザー照射 B 行うよう勧められる
アデノシン外用 B(男性型脱毛症) 行うよう勧められる
C1(女性型脱毛症) 行ってもよい
カルプロニウム塩化物外用
t-フラバノン外用
サイトプリン および ペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
かつら着用
C1 行ってもよい
ビマトプロスト および ラタノプロスト外用
成長因子導入 および 細胞移植療法
C2 行わないほうがよい
ミノキシジル内服
人工毛植毛
D 行うべきではない

脱毛症診療ガイドライン 2017年度版

フィナステリド内服
デュタステリド内服
評価

A(男性型脱毛症)
D(女性型脱毛症)

使用について

行うよう強く勧められる(男性型脱毛症)
行うべきではない(女性型脱毛症)

ミノキシジル外用
評価

A

使用について

行うよう強く勧められる

自毛植毛
評価

B(男性型脱毛症)
C1(女性型脱毛症)

使用について

行うよう勧められる(男性型脱毛症)
行ってもよい(女性型脱毛症)

LED および
低出力レーザー照射
評価

B

使用について

行うよう勧められる

アデノシン外用
評価

B(男性型脱毛症)
C1(女性型脱毛症)

使用について

行うよう勧められる(男性型脱毛症)
行ってもよい(女性型脱毛症)

カルプロニウム塩化物外用/t-フラバノン外用/サイトプリン および ペンタデカン外用/ケトコナゾール外用/かつら着用
評価

C1

使用について

行ってもよい

ビマトプロスト および ラタノプロスト外用/成長因子導入 および 細胞移植療法
評価

C2

使用について

行わないほうがよい

ミノキシジル内服/人工毛植毛
評価

D

使用について

行うべきではない

自毛植毛は「行うように勧められる」との評価。科学的根拠、臨床結果の確かさが
認められた結果と言えます。

自毛植毛の移植の図

他の治療方法に効果が得られなかった方にも、
自毛植毛はおすすめです。

上のガイドラインをご覧になって「なんだ、植毛は最高評価ではないのか」と思われたかもしれません。むしろ気になるのは、「行うよう強く勧められる」となっている内服薬治療の、フィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用かもしれませんね。
それでも当クリニックは、自毛植毛を自信を持っておすすめします。上に挙げたAGA治療薬は、根本的に目指すところが植毛とは異なるからです。AGA治療薬が可能とするのは、「薄毛の進行を止めること」です。自毛植毛は、「ないところに生やす」ことを目的としています。
「脱毛症診療ガイドライン」は、科学的根拠と臨床結果を基に評価されており、信憑性を計るためには重要な指針となります。しかし、結果的に患者様がどう満足されたのか、永続的なコストがどうか、という心やお金までは考慮されていません。内服薬治療は、効果の出ない方が一定数いることも問題で、半年治療してダメだったとわかっても、その期間にもAGAが進行してしまうのです。自毛植毛は外科手術のため、内服薬のような個人差が出にくいというのもメリットです。他の治療法で効果が得られなかった方にも、おすすめします。

主なAGA治療薬について

フィナステリドとは

「プロペシア」として知られるお薬です。フィナステリドとは主成分の名前で、プロペシアは厚生労働省が認可を出している薬の商品名です。日本では2005年に認可が下りました。フェナステリドは、AGAの原因であるDHTの生成を抑えるため、DHTの代謝を行う5α還元酵素の動きを阻害するという効果があります。飲むタイミングは好きな時でよく、一日一回の服用を続けます。

フィナステリドfinasuteridoのイメージ写真
デュタステリドとは

「ザガーロ」として知られるお薬です。これも同じく商品名です。厚生労働省が2015年に認可を出した比較的新しい薬です。5α還元酵素の動きを阻害するという効果はフィナステリドと同じですが、実は5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドがⅡ型しか抑えることができないのに対してデュタステリドは、両方に対して効果を発揮します。そのため、フィナステリドが効かなかった方に対しても有効である可能性が高くなります。

デュタステリドのイメージ写真
ミノキシジルとは

ミノキシジルは成分名であり、商品名ではありません。日本で認可が下りているのは塗り薬タイプのもので、内服薬はありません。ミノキシジルは簡単に言うと血管拡張剤で、基本的な効果は、毛乳頭の細胞分裂を活発にさせることです。「ミノキシジルタブレット」という内服薬を処方するクリニックもありますが、厚生労働省はミノキシジルの副作用に対して慎重な姿勢を示しています。あくまでも無認可薬であるということや、インフォームドコンセントが大切です。

ミノキシジルのイメージ写真

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
全額返金制度&AGA治療薬フォロー制度