自毛植毛の概要と発毛のメカニズム、自毛植毛のメリットとは

理屈がわかれば納得できる、植毛で生える秘密。

自毛植毛のメカニズム

残っている自分の髪を、必要なところに移す。

自毛植毛の移植の図
「脱毛命令」を聞かない髪がある不思議!?

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが、5α還元酵素という酵素によって代謝されてできた物質ジヒドロテストステロン(DHT)と、毛乳頭細胞の受容体(レセプター)が結びつくことで起こります。レセプターがDHTをキャッチすると脱毛因子であるタンパク質が作られ、その命令に従って髪の生成を辞めてしまうのです。
しかし、その毛乳頭組織もこの命令に従うわけではなく、「反抗的な」毛乳頭組織があります。AGAを原因とする薄毛は、前頭部や頭頂部から始まっていきますが、後頭部や側頭部の髪の毛が残っていることが多いのはこのためです。後頭部や側頭部の毛乳頭には、DHTが結びつく受容体がほとんどないとされているからです。
しかし、この毛乳頭を移植すると、移植した先でも髪が生え続ける、という事実は多くの症例から確認されているのです。

押さえておきたい自毛植毛のつのメリット

  • 生着率が高く
    有効な手段
  • 一度の施術で生え続け
    維持コストがかからない
  • 自分の髪なので安全
    切っても染めてもOK

自毛植毛を勧める理由

当院院長 對馬彰利
当院院長 對馬彰利
現状維持よりも、有効な手段

AGAは進行性のため、何らかの手を打たなければ放っておいて自然に髪が生えてくるということはありません。内服薬による治療で得られる効果は、現在のところ現状維持であり、根本的な解決には至りません。内服薬治療は効果が出ない方も一定数いるので、効果が出なかった場合には諦めるしかない……というのがこれまでの薄毛治療でした。
対して自毛植毛は、「望んだ場所に髪を生やす」ことにアプローチする唯一の方法です。色々試しても効果が出なかった方、内服薬治療を続けることにくじけそうになっている方にとって、最後の切り札と言えるでしょう。

自毛植毛の歴史

1970年代は数十本単位で採取。現代では1つの毛包単位での採取が可能。

形成外科の流れの中から誕生しました。

自毛植毛が知られるようになったのは1990年代以降のことです。ちょうど美容整形ブームと時を同じくすることから、同じ系譜と考えられがちですが、実は植毛の歴史はもっと古く、1930年代まで遡ることができます。
その礎を作ったのは、笹川正夫医師、奥田庄二医師、田村一医師といった三人の日本人医師でした。火傷による瘡痕部分への毛髪再建を目的として移植技術が模索されており、その報告を元に米国医師ノーマン・オレントライヒ博士が発展させました。1950年代にはパンチ式の採取方法が開発されましたが、一度に数十本単位で毛髪組織を「面で採取して面で移植する」方法だったため、仕上がりが悪く、実用には問題が多くありました。
次に開発されたのが、メスで切開して組織を切り出すFUT法(ストリップ法)です。これは、面で切り出した組織を細かく「裁断して点にわけて点で移植する」方法です。ストリップ法は、移植部分の仕上がりが格段に改善されましたが、採取部分の傷が大きい問題が残りました。その後、試行錯誤が繰り返され、2000年代に確立されたのが、「点で採取して点で移植する」現在のFUE法です。

i-directロゴ

当院で採用している植毛法は、FUE法をさらに発展させた独自のもの。機械を使用してインプラントを行い、生着率を高めています。

瘡痕への植毛もご相談下さい。

小さな頃に火傷をしてしまった、若い頃にスポーツをしていて怪我をしたといった理由で、長らく髪が生えない状態で過ごしている方も、諦めないでください。
自毛植毛は、瘡痕部分への植毛も可能です。当クリニックでは、瘡痕部分への植毛症例も多くあります。傷跡の皮膚は、堅く乾燥していることが多く、健康な皮膚と比べるとどうしても生着率が落ちます。残念ながら、通常の植毛と同等の生着はお約束できません。そのため、部分的に少しだけ植毛して効果を確かめてから広域の施術をするなど、施術方法は工夫しております。
男性のAGAだけではなく、若い方や女性の患者様も多く訪れています。ぜひご相談下さい。

失った部分へ髪を生やすことが
できるのは、自毛植毛だけです。

自毛植毛は、元気な髪を失った部分に移植するという、非常にシンプルな治療方法です。聞けばあまりの簡単な理屈に拍子抜けしてしまうかもしれません。しかし、その施術の中で、いかに美しく生やすか、1本も無駄にせずに採取して植え込むか、いかに早く施術し患者様の負担を軽くするかを考えると、それはまさに終わりのない追求です。私たちは、植毛のみを提供し、その終わりのない追求に15年の歳月をかけてきました。髪を取り戻したいという患者様の思いに、日々真剣に取り組んでいます。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら