アイランド名古屋院

名古屋、愛知で薄毛治療は自毛植毛のアイランドタワークリニック名古屋

自毛植毛とは

薄毛治療について

一般的な薄毛治療のカテゴリー

治療法 説明
カツラ 頭部に被せ髪があるように見せる装身具。主に人工毛を使用するため人によっては不自然さが出てしまう。
編みこみ式増毛 元々ある自毛に人工毛を編み込み髪が増えたように見せる方法。
貼り付け増毛 シートに毛を植えつけ、そのシートを頭皮に接着剤などで張り付ける方法。
増毛スプレー 自毛や頭皮に黒色の粉を振りかけた後に固めることにより通常よりも髪を濃く多く見せる方法。
HARG Hair(毛髪) Re-generative(再生) theraphy(治療)の略で毛根や毛髪に栄養を与え発毛を促す方法。
人工毛植毛 人工毛を頭部の薄くなった部分に植える方法。
自毛植毛 自らの毛髪を薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部から薄くなった生え際や頭頂部に植える方法。

薄毛治療の効果比較

治療法 効果
カツラ 簡単に付け替えることが出来る半面、ずれてしまい不自然に見えることがある。 また、装着部の毛が抜けてしまう、夏場は蒸れやすいというデメリットもある。
編みこみ式増毛 増毛直後は自然だが編み込んだ部分が伸びてくると不自然になるので定期的なメンテナンスが必要。完全に毛髪のない場所には増毛は出来ない。
貼り付け増毛 付けた後はシャンプーが出来るなどケアは比較的楽なものの、貼りつけ方が悪いとすぐ取れてしまう。早ければ二週間ほどで取れてしまうため、取り付けるたびにカットなど髪のセットが必要。
増毛スプレー 最も手軽だが毎日付け直さなくてはいけない為、日によってムラが出来る。 至近距離で見ると気付かれやすい。
HARG 効果を実感するまで回数と時間がかかる、人によっては効果自体が無いこともある。
人工毛植毛 かつらと比べると皮膚から直接生えているので自然に見えるが人工毛を使用しているため拒絶反応が出たり、抜け落ちてしまうことがある。
自毛植毛 自らの毛髪を植えるため拒絶反応が無く周りの毛と同様成長し、一度抜けても毛根はあるのでまた生えてくる。自毛なので特別なケアが必要無い。

一般的な薄毛治療のカテゴリー

治療法 コスト
カツラ 通常スペアを作るため同じものが2つ、もしくは3つ必要になる。 カツラ専用のヘアケア用品が必要になるので費用が掛かる。
編みこみ式増毛 編み込んだ毛が伸びてきてしまうため定期的に付け直す必要がある。 ヘアーカットも専用の美容院で行うため通常のカットよりも費用が掛かる。
貼り付け増毛 通常2週間から4週間で付け替える為、継続的にコストが掛かる。
増毛スプレー 毎日付けるものなので手間が掛かる。
HARG 自由診療で効果が出てくるまで時間がかかるので合計すると費用が掛かる
人工毛植毛 脱毛の割合が比較的高く自毛ではない為メンテナンスも必要になるので費用が掛かる。
自毛植毛 初期費用が掛かるが、自毛なのでその後のメンテナンスは不要で強い髪を選び植えるので繰り返し生えてくる。