伊藤さん(看護士)インタビュー

名古屋院 看護師 伊藤さん

胸に秘めた向上心で、
昨日の自分を超える。

名古屋院 看護師
伊藤さん

より早く、より正確な施術のために

私たちは「より早く、より正確な施術」のために、全ての施術工程のかかった時間を毎回測定しています。いちいち時計を見ずに手元に集中できるよう、10分ごとに「ピピッ」っと小さく鳴るアラームをセットしたこともあります。
早ければ早いだけ患者様の負担が軽くなるので、施術のスピードを上げるということは非常に大事なことなんです。移植するグラフト数が2,000本、3,000本という場合には、どうしても施術時間は長くなります。長時間同じ姿勢で我慢している患者様もお辛いですよね。
スピードを意識すると言っても、最後の仕上がりチェックも含んでの計測なので、早いからと言って雑になることはありません。チェックを早く終わらせるためには、一つひとつの施術をきれいに行わなければなりませんから。これで、スピードとクオリティの両立に成功しました。

名古屋院 看護師 伊藤さんによる施術用器具の清掃の様子
名古屋院 看護師 伊藤さんと他看護師による術前作業の様子

このメンバー、最強のチームです!

その工程にかかった時間の測定は看護師たちが自分たちで言い出したことなんです。意識高く施術に臨む人が多いなと感じました。インプラントの開始時間と終了時間はカルテにも記録しているので、それを数種類にグラフ化して確認しています。施術の度ごとに医師と看護師で振り返りミーティングもします。「今日はどうだった?」「次はこのフローを変えてやってみよう」と言葉が飛び交って、いつもスタッフが生き生きしていますね。
アイランドタワークリニックの医師は、驚異的に施術が上手なんです。正確だし、早い! 介助する看護師は最初は焦ってしまうくらい。でも、プレッシャーよりもこの環境に応えたい、頑張りたいという気持ちです。先生がパンチを持ってくる前に、私がピンセットをスタンバイできていたら最高みたいな。
誰が施術に入っても同じ品質とスピードになることを目指して頑張っていて、それを実現できています。チームワーク最高のチームで患者様をお迎えできるので、嬉しいですね。

1,000人近い患者様と出会って

私が当クリニックに入職してから、4年目に入りました。だいたい1,000人くらいの患者様を近くで見てきたことになります。
これまでにお会いした患者様を思い起こすと、植毛の結果がはっきり出て、自信につながったという方がとても多いです。経過観察の検診の時に、とても明るくなっているということもよくあります。安心してきていただきたいですし、お話だけでも聞いていただけたらなと思います。
今後の目標は、スピード、テクニック、患者様への気配り…全部で完璧を目指すこと。毎回100点満点を出すのは難しいかもしれませんが、毎回目指さなくてはいけないと思っています。完璧主義な思考で!というのが私のモットーなんです。

名古屋院 看護師 伊藤さんんインタビュー中の風景

スタッフインタビュー

トピック

無料カウンセリングはこちら