アイランド名古屋院

名古屋、愛知で薄毛治療は自毛植毛のアイランドタワークリニック名古屋

症例体験談

実際の自毛植毛体験者の声

Kさん(2回目)

2回目 1,220グラフト 前頭部

Kさん(2回目)(64歳)静岡県出身

定年退職をきっかけに自毛植毛を行ったKさんの実体験談です。2回目は頭頂部に植毛されました。
※本文の内容は、Kさんご本人様の心境の変化や意図を再現する為、原文の内容で記述しています。予めご了承ください。

2012年1月9日 ダイレクト法にて1200グラフトを植毛しました

結果には大満足

実施日は2012年1月9日、ダイレクト法にて1200グラフトを植毛しました。
今回も観察記録を作成する予定でしたが、1月30日から突然、実の母の介護をすることになってしまい、簡単な記録づくりしか出来ませんでした。

介護で困ったのでは、3月上旬から4月中旬の期間、不眠症になってしまったことです。植毛した黒髪が少し白髪になったことから、ストレスが髪に与える影響を実感しましたし、この時期は植毛の成長を一時あきらめた時でもありました。

不眠症でない時期には鏡では観察出来ましたが、不眠症の時は代わりに手感での観察を継続しましたので、その紹介をします。

移植50日後(2月下旬)には、移植した髪は抜けることなく約1cm成長しました。
また採取部の刈り込んだ髪も見苦しくない長さになっていました。

移植後60日後(3月10日)には、移植した髪が伸びているのを実感しました。
6月になると、母を介護施設に1泊2日で週2回通わせることで、やっと落ちつきを取り戻すことが出来るようになり、移植した髪は約4cm程度に伸びました。
移植6ヶ月後(7月9日)で、約5cm成長したと思います。移植した髪は、まだ周囲の長い髪と段差があるので、あと2ヶ月もすれば段差が解消して理想状態になると想像しています。

もう禿ではない、この嬉しさ

1年3ヶ月で、この成果が得られるとは私自身、想像していませんでした。
現在91歳の母、女房ともに私の頭髪を見て、「はげでは無いと言います。これを目標にしてきたのだから、こんなに嬉しいことはないですね。

60歳で定年退職した会社に再就職、皆の視線は

4年前に退職した会社の社長に直談判して、今年の8月から再就職することを決めました。6月に会社訪問して、昔の多くの仲間と再会しました。私の頭髪に誰一人として気づく人はいませんでした。自毛植毛は、ナチュラルであることを立証していますね。

再就職する気になったのは、もちろん毛髪が再生出来たことが理由のひとつです。
もう髪の事で人目を気にする必要が全くないことですね。今は植毛を決意し、実行しとても良かったと思っています。

私が頭髪以外に大切にしていること

それは、食事と運動です。
植毛した髪も栄養不良では十分育ちません。
せっかく努力して再生された髪なので、食事は野菜たっぷり、魚と肉をバランス良く摂取し、適度な運動をすれば、成人病予防にもなり、健康で長生きにつながります。この投資は惜しんではいけないと私は若い頃が実行してきました。

これから植毛を目指される皆さんへ

自毛植毛は完成された技術です!執刀医の先生を信頼してください!

私は工業エンジニアですが、自毛植毛は完全に完成された技術と考えています。
その根拠は、私自身の二回目の施術で頭髪以外に何ら異常はみられず、移植部の毛髪が、採取部の毛髪と同様に成長している現実から判断出来ます。

最初のカウンセリングでは、自分の頭髪をこのようにしたいと言うイメージを明確に持つことが結果満足に繋がると思います。
費用に関しては私の場合、乗用車1台分を7年で乗り換えるのを14年まで辛抱すれば、捻出出来ると考えクリアしました。

私の場合、執刀医の先生が施術に先立って、必ず私の意向を聞いてくれます。
この時幾多の実績事例を持つ先生の方針に従うことが大切で、素人の私はあまり我を張らない方がいいと思います。

2回目 1,220グラフト 前頭部