アイランドタワークリニック名古屋の院長・ドクターのご紹介

患者様一人一人に合わせた薄毛解決に向き合わせて頂きます。

院長紹介

植毛のプロフェッショナルとして
皆さんに寄り添います。

院長 對馬彰利 Akitoshi Tsushima
安倍ドクターによるカウンセリングの様子
悩み続けるのではなく、
まずはお気軽にご相談ください。

薄毛やAGAの問題は男性にとって、時には深刻なストレスを与えてしまう事があります。近年、自毛植毛の技術が確立されてからは薄毛に悩む事は不要となりました。ただし、その自毛植毛の手法はクリニックによって異なります。
我々自毛植毛に携わるプロフェショナルとして思う事は、当クリニックは世界でもトップレベルの技術を保持しているいうことです。切らない、痛みが少ない、術後回復が早い、生着率の高さ、自然な生え方などどれをとっても、他クリニックでは真似出来ない薄毛治療の技術があります。
安心して自毛植毛手術を受けられるように、スタッフも寄り添ったカウンセリングや頭髪のプランニングなどを行っています。まずは気軽にご相談されてはいかがでしょうか。

経歴

2000年

九州大学医学部 卒業

2000年

九州大学付属病院 勤務

2006年

大阪府内植毛クリニック 院長就任

2010年

都内植毛クリニック 院長就任

2013年

アイランドタワークリニック 勤務

2014年

アイランドタワークリニック名古屋院 院長就任
国際毛髪外科学会ISHRS associate member

ドクターインタビュー
植毛手術に対するこだわりは?

どんな症例でも、高いクオリティを保っていつも通りの植毛手術を行う、ということにこだわっています。植毛は単純作業のように見えるかもしれませんが、患者さんひとりひとりに違いがあり、同じ症例はひとつもありません。だからこそ、どんな症例に対しても同じように結果を出せるということはとても重要です。
体調管理やスタッフ同士のコミュニケーション、設備の準備など、いつどんな時でも同じように成果を出せる状態を整え、皆さまをお待ちしております。

患者様との対話で意識している事は?

ただ「ご希望を教えてください」と言ったからといって、患者さんが本当の気持ちをお話してくれるとは限りません。ですから、患者さんが本心をお話できる空気づくりを意識しています。
確かなヒヤリングをすることで、患者さんのご希望に沿った植毛を実現したいと考えています。

ドクター紹介

一人で悩まず、今後の治療について
一緒に考えていきましょう。

大阪院 副院長 成井裕弥先生
副院長 成井裕弥 Yuya Narui
経歴
2001年
順天堂大学医学部卒業
医師免許取得
2006年
順天堂大学大学院医学研究科(耳鼻咽喉科)卒業
医学博士号取得
2006年
順天堂大学付属静岡病院助救
2010年
都内クリニック勤務
2014年
アイランドタワークリニック入職
2015年
アイランドタワークリニック大阪院 副院長就任
2022年
アイランドタワークリニック名古屋院 副院長就任
ドクターインタビュー
植毛手術に対するこだわりは?

私は特に「ホール作成」にこだわりを持って施術を行っています。ホール作成は、移植する毛髪のデザインや生着率に関わりますが、それ以外にも、既にある髪の毛への影響もあります。施術時に既存の毛髪の細胞を傷つけてしまえば、その髪の毛は今後生える事もなく、結果的に薄毛の改善はされません。今ある髪の毛も大事にする事で、植毛による効果を最大限に引き出します。

患者様との対話で意識している事は?

植毛を行う事で気になる薄毛部分の改善はできますが、現在ある髪の毛も可能な限り残せるよう、出来る事はしていかなければなりません。薄毛の改善に効果がある医薬品や、生活環境、食事などについてもアドバイスさせて頂く事で、将来にわたって悩みのない明るい人生が過ごせるよう、患者様の薄毛へのコンプレックス解消についてじっくりとお話させて頂きたいと思っています。

クリニック情報

トピック

無料カウンセリングはこちら